相模川ふれあい科学館

こんにちは。

今日は弊社営業新谷がどうしても食べて欲しいラーメンがあるとのことで愛川まで1時間強のドライブ。

お目当てのラーメン屋は隠国(こもりく)さん。

営業新谷曰く「美味しくなかったら俺がおごる。普通でも俺がおごる」と豪語する店。

ラーメンの写真は何か撮れる雰囲気ではなかったので撮りませんでした。

そしてそのお味は・・・皆さんで確認してください。

麺工房 隠国

で、その帰りに面白い場所を見つけました。

img_2908

相模川ふれあい科学館

入館料¥350の小さな水族館です。

何にしびれたかってコレ↓です。

img_2854

img_2885

ようするにマハゼを展示しているのですが、水槽内にてんぷらを浮かべ、ご丁寧に天丼まで沈めて横にはこの説明書き。

ハゼは昔からてんぷらで食べられていて美味いという内容なのですが・・・

なんかとってもシュール。

こんな水族館は見たことありません(笑)

 

正直とても小さい水族館なので魚種は多くはありませんがほのぼのした感じ。

img_2860

相模川の生き物としてバスやギルも展示されていたのには好感を持てました。

バスに関しては以下のような見解↓

img_2887

ライギョは居ませんでしたが、ライギョについてはこのように書かれてました。

img_2886

ライギョって最初は奈良県だったんですね。

知りませんでした。

 

魚にエサをあげるコーナーもありました。

img_2882

ウグイにエサをやる営業新谷

 

img_2857

ナイスサイズのナマズもいましたよ。

img_2889

さらに相模川とは関係ないドクガエルも発見。

ちなみにこのカラー、来年弊社が発売するフロッグに採用しています。

img_2909

 

そんなこんなで、なんとなく癒されたドライブでした。