CLUEスタッフ釣行レポート#5

こんにちは。
CLUEinc アシスタントスタッフの松原です。

少し前の釣行になりますが、梅雨あけ直後の7月下旬に鹿島港 幸栄丸さんからルアーマゴチに行ってきました。

今年の鹿島マゴチ、開幕当初こそ連日良型が顔を出して船中を賑わせておりましたが、入梅から日によって釣果にムラが出るようになってきました。

当日のポイントは南側の近場からスタート。
水深は8~9m位です。
私はベイトタックルにマゴラバの28g(ギンポ)
ワームはWaveBait SIXHANDS(ピンク)をセットしました。

他のアングラーさんに注意しながらアンダーからフルキャスト。
まずはいつも通りズル引きから様子を伺います。
私がルアーマゴチで大切にしている事はなるべく広範囲にアプローチして多くのマゴチにルアーをアピールする事です。

マゴチは人間が想像している以上に遠くから落ちてくるエサを見ているんじゃないかな?と思ってるからです。

船からの釣りですから、遠くと言っても数メートルの範囲なんですが、これを広範囲に繰り返しキャストする事で同一方向にキャストするよりバイトチャンスは増えると思います。

さて、当日の釣りに話を戻します。
この日は単調なズル引きに反応するマゴチが少なく、釣ってる方を見るとリフト&フォール、からの定点シェイクなど縦の動きに興味を示してました。
水深も浅いので軽量ジグヘッド&スピニングタックルに分があります。
良い人は2本目、3本目と水揚げ。
私は相変わらずズル引きでアプローチしますが、なかなかバイトが出せません。
と、思ってた矢先にビックリバイト❗️
掛かりが浅かったのか海中にてバラしてしまいました。

転々と移動を繰り返し、一時間が経過した頃、
ワームをSWING CURLY(オレンジ)に交換。

SIXHANDSよりアピールは控え目になりますが、飛距離が稼げてフォールスピードが早い
のがSWINGCURLY。
色は最近の鹿島アタリカラーである事で決めました。

ここの水深は12m前後。

釣り方はハンドル2巻き~3巻きしてステイ。
追ってきたマゴチをルアーが落ちるタイミングでバイトさせる作戦に切り替えます。

ズル引きと共にルアーマゴチ定番の釣り方になります。

答えは案外すぐに表れました。
少々時間がかかりましたが9時頃に待望の1本目。
その後も同様のアプローチで同サイズを追加。
パターンが決まれば結果はついてくるのがルアーマゴチ。
決して派手な連発はありませんが、流し変えの度に追加して5本のマゴチを釣る事ができました。

10時を過ぎると極端にアタリが減り、まわりもロッドを曲げる人が少なくなりました。
時間まで粘りましたが、追加する事なく終了となりました。
前半の時合いにアジャストできなかったのが反省点です。

7月22日
鹿島 幸栄丸
マゴチ 45㎝~58㎝(5本)

CLUEinc BOTTOMEDGE
MAGORUBBER
WaveBait
SWINGCURLY
SIXHANDS

フィールドスタッフアシスタント
松原 秀紀